ご葬儀が初めての方
知っておきたいご葬儀の流れ

初めてのお葬式は誰しもわからないことが多く、短時間で何をどうしていいのか不安になるものです。 後悔のないご葬儀を行っていただくために、ここで一般的な流れをご紹介します。 お電話でも当社スタッフが丁重に説明いたしますので、「もしも」の時はご遠慮なくフリーダイヤルまでご相談ください。

ご臨終~お迎え~ご安置
病院で亡くなられた場合、病院から「死亡診断書」を受け取ります。 当社にご連絡いただければ、故人様をお迎えにあがりますので、安置ご指定の場所まで搬送いたします。 ご自宅での安置が難しい場合、当社にてご遺体のお預かりも可能ですのでご相談ください。
葬儀打ち合わせ~訃報連絡~葬儀準備
お葬式の内容についてご親族や当社と打ち合わせます。 寺院の手配(寺院にお心当たりがない方)、喪主や世話役、葬儀の日程・規模・費用などを決め、火葬場も予約。 日程が決まりましたら、故人様にゆかりのある方々に連絡を入れ、祭壇・返礼品・料理といった詳細も詰めていきます。
ご納棺
ご遺族にお集まりいただき、故人様を棺におさめます。 希望に応じて清め(湯灌)や化粧、そして死装束を整え、棺をお通夜の行われる部屋に運び祭壇に安置します。
お通夜
僧侶をお迎えし、読経と焼香を行います。 読経と焼香が終わるとご遺族が弔問客に食事やお酒を振る舞う「通夜ぶるまい」に移ります。
葬儀・告別式~ご出棺
読経と焼香を行い、祭壇から棺をおろしてお花入れの儀式後、最後のお別れをします。 喪主様またはご遺族代表者にご挨拶をしていただいた後、ご出棺となります。
火葬~初七日法要~精進落とし
火葬場到着後、棺を炉に納めます。荼毘に付し(火葬)、ご遺族によるお骨上げの式を行います。 遺骨を骨壺に納めた後、斎場に戻り読経・焼香となります(初七日法要)。 その後、僧侶や葬儀でお世話になった方々の労をねぎらうとともに、故人を偲ぶ会食(精進落とし)をします。
  • よくあるご質問
  • Webチラシ